会社概要COMPANY

ご挨拶

西に鶴見・由布の山を臨み、北には別府湾と国東の山々を、東には遠く四国の山波を臨む、そこが私たち大分臨海興業株式会社の職場です。

昭和40年代の高度成長期、政府は日本各地で新産業都市建設計画を展開、ここ大分港では遠浅の海を埋め立て重化学工業とエネルギー産業の一大集積地=大分臨海コンビナートを建設、その先の海中崖には当時の最先端技術を駆使した巨大な海上桟橋を作りました。50年後の現在、世界最大級の鉱石専用船を満船で受け入れる事の出来る国内では唯一の、世界でも有数の工業港になっています。

この港は細長い日本列島の南に位置し、オーストラリアやブラジル、インドネシアなど多くの資源産出国に近く、伸張著しいアセアン・東南アジア、中国、インドにも近い。その地の利を活かし、成長し続ける大分港。そこが私たちの躍動するフィールドです。

大分港には日夜様々な種類の大型船が入港してきます。私たち大分臨海興業は昭和43年の創業以来その大型船たちの安全な航行、入出港をサポートし、新日鐵住金、昭和電工、九州電力など日本を代表する企業と協力しながら、大分港の安全と環境を守り、大分港と共に生き、共に成長するOnly One, Number One を目指し続ける安全第一、健康第一の会社です。

2016年7月
代表取締役社長 池澤 正樹

会社概要

商  号
  • 大分臨海興業株式会社(OITA RINKAI KOGYO K.K. )
設立年月日
  • 1968(昭和43年)年12月2日
資 本 金
  • 30,000,000円
代表取締役社長
  • 池澤 正樹
役  員
  • 取締役金丸 容典
  • 取締役吉野 均
  • 取締役(非常勤)関谷 英一
  • 取締役(非常勤)疋田 智昭
  • 取締役(非常勤)高橋 敦
  • 取締役(非常勤)斉藤 宗明
  • 取締役(非常勤)竹内 裕喜
  • 監査役(非常勤)野澤 令子
株  主
  • 日本郵船株式会社
  • 内海曳船株式会社
  • 西日本海運株式会社
  • 鶴崎海陸運輸株式会社
従 業 員
  • 41名
主要取引銀行
  • 大分銀行、三菱東京UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行
主要取引先(敬称略、順不同)
  • 新日鐵住金株式会社 大分製鐵所
  • JXTGエネルギー株式会社 大分製油所
  • 昭和電工株式会社 大分石油化学コンビナート
  • 大分液化ガス共同備蓄株式会社
  • 大分エル・エヌ・ジー株式会社
  • パンパシフィック・カッパー株式会社 佐賀関製錬所
  • 三井造船株式会社 大分事業所
  • 株式会社フェリーさんふらわあ
  • 鶴崎海陸運輸株式会社
  • 東海運株式会社
  • 日鉄住金物流株式会社
  • 山九株式会社
  • 日本通運株式会社
  • 株式会社上組
  • 日本郵船株式会社
  • ※上記のほか、各コンビナートの関係会社、船社各位の御愛顧を頂いております。
連絡先(住所など)
  • 本社

    〒870-0913 大分市松原町3丁目1番11号 大分鐵鋼ビルディング 5F
    TEL 097-558-9588(代表)/ FAX 097-556-3848

  • 新日鐵住金大分製鐵所 船舶調整センター

    〒870-0902 大分市西ノ洲1番地 船舶調整センター
    2F TEL / 097-558-9555(ポートサービス部)
    3F TEL / 097-558-9534(船舶調整室)・ 097-558-9537(船舶調整室)
    FAX / 097-558-9565(船舶調整センター共通)

加入団体(順不同)
  • 一般社団法人 日本港湾タグ事業協会
  • 公益社団法人 西部海難防止協会
  • 大分県国際物流推進協議会
  • 大分県中北部沿岸海域災害対策協議会
  • 大分港振興協議会
  • 大分商工会議所
  • 細島港振興協会

アクセス

所在地
  • 〒870-0913 大分市松原町3丁目1番11号 大分鐵鋼ビルディング 5F
  • お客様用駐車場あり(※大分鐵鋼ビルディング共用)
最寄り駅からの所要時間
  • 電車 JR日豊本線 高城駅より徒歩13分
  •